スポンサードリンク

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


スポンサードリンク

ドライアイを防ぐには

ドライアイとは言いますが、ドライアイの方の自覚症状としては、「目が乾く」というよりも、「目が疲れやすい」、「目に不快感がある」、「目が赤い」といった症状を感じることがほとんどです。ですから、単なる疲れ目だと思っていらっしゃる方が多いようです。



そのため、ドライアイ対策をする方は少ないと思われます。ですが、ドライアイは角膜を傷つけるなど目にとってはとても危険な状態ですから、先ず、予防に気を配りたいところです。ドライアイを予防するために日常生活において気をつけたいことがいろいろあります。

ドライアイを防ぐにはなるべく風を目に当てないようにすることが大切です。エアコンや扇風機の風が直接目に当たると風は涙の蒸発を促します。座る位置や風向きなどに気をつけて、風によって目の水分を奪われないように工夫しましょう。



テレビやパソコンのモニターを見るときの姿勢も大切なようです。仰ぎ見るような姿勢よりも見下ろすような姿勢の方が目にはいいようです。できるだけそれらは目線よりも下になるように設置しましょう。



テレピゲームでは、画面を凝視することが多いので、熱中していると瞬きをする回数が極端に少なくなります。瞬きは目の表面に涙を行き渡らせる大切な生理行動です。意識して瞬きをすることと、適度に休憩を取るなどしてあまり長時間ゲームをすることのないようにしたいものです。



乾燥している環境も目が乾きやすくなります。冬などエアコンで乾燥している室内では加湿器などで室内の乾燥を防ぐようにしましょう



ドライアイはまさに乾燥が大敵です。目を常に涙液で潤うように気をつけたいところです。

ソフトサンティア 最新一覧 By 楽天















































スポンサードリンク

ドライアイとは

ドライアイは、目を覆う涙液が充分でないことから起こるんですが、以下の症状の五つ以上にあてはまるようならば、可能性があります。



目が疲れやすい/目が乾いた感じがする/目が赤い/目が痛い/まぶしい/目がしょぼしょぼする/目がゴロゴロする/目が重い/なんとなく目に不快感がある/目ヤニが出る/目がかゆい/物が霞んで見える/涙が出る



以上の症状を見てわかるようにドライアイを単なる疲れ目と考えているヒトが多いようです。ある調査では、疲れ目を訴えて眼科を訪れる人の約6割はドライアイが関係しているという報告もあるようです。



ドライアイの一般的な要因としては、テレビやパソコンの画面を長時間の見続けることがよくあげられていますが、そのほかにも、空気の乾燥、老化による涙の減少や質の低下などがあげられます。



ドライアイを予防するには瞬きが重要な意味を持ちます。瞬きは目に潤いをもたらすためにはとても大切な事なんです。わたしたちは、無意識に、3秒に1回ぐらい瞬きをすることで目に涙液による充分な潤いを与えることが出来ます。しかし、なにかに集中していると、瞬きの回数が減ります。例えば読書で6秒に1回ぐらい、パソコン操作で十数秒に1回程度になるといわれています。その結果、目をガードしている涙液の蒸発が進む反面、瞬きをしないことで、それを補うことが出来ずに、涙の膜が途切れてしまいドライアイとなるんです。



最近はパソコンや携帯電話などの普及により、VDT症候群と呼ばれる状態の人が増えています。VDT症候群のVDTとは、Visual Display Terminal(画像表示端末)のことです。つまり、パソコンやテレビ、携帯電話などのことを意味する英語です。これらの操作時は、画面を見ることに集中することで、瞬きの回数が極端に減ったり視線を激しく移動するため、目に大変負担となり、疲れ目やドライアイを引き起こしたり、頭痛やめまいを起こすこともあることからこう呼ばれています。

ソフトサンティア 最新一覧 By 楽天












































sponsored links
selected entries
categories
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM